副業在宅.com

アフィリエイトで稼ぐには

 | ,  |  | 0

自分が解説しているWEBサイトやブログにクライアントから依頼された商品やサービスについてを紹介することで、それを読んだユーザーが商品を購入することで報酬を受け取れる仕組みのアフィリエイトですが、副業として近年人気が出ています。

ですが、アフィリエイトを始めたばかりの人ではなかなか稼ぐことができないケースもみられます。

では、なぜ初心者では稼ぐことが難しいのでしょうか?

今回はアフィリエイトで稼ぐ方法についてご紹介していきます。

1.初心者はなかなか稼げない?その原因とは

アフィリエイト

すぐに諦めてしまうと努力が無駄になってしまうので、稼げない原因をしっかりと把握し、副業として稼げるようになるまで努力を続けてみましょう。

稼げない原因①:ビジネススキルの不足

優秀なアフィリエイターになるためには、営業マンのようなビジネススキルが必要になります。

読む側の人間に、商品やサービスについての良い部分を理解してもらい、購入するところまで繋げないといけないのです。

そのため、簡単な文章を書くだけでは興味を引くことはできないのです。

興味を引くためには以下のポイントを見直してみましょう。

・写真の豊富さ

・演出がうまい

・丁寧な文章

・文章量が豊富

写真が少ないと読者は商品についてしっかりと理解することもできなく、興味も引けません。

例えば、化粧品を紹介する場合には商品の外側だけではなく、テクスチャがわかるよう実際に手に取りだして写真をアップする方がより商品について知ることができます。

また、使う前と使った後の写真を比較できるようにしたりするのもオススメです。

文章に関しても、挨拶を必ずするなど細かい部分もしっかりとできている方が、安心感を与えることにも繋がります。

抜かりのない文章を心がけましょう。

稼げない原因②:リスト数の少なさ

メルマガアフィリエイトを行っている場合には、リスト数が少ないことで稼げていない場合が多いのです。

メルマガはアフィリエイトの中でも稼ぎやすいと言われています。

その理由としては、メールで直接商品についての情報を届けることができるからです。

メールであれば毎日チェックしている人も多く、興味があればすぐにチェックしてもらえます。

ですが、リスト数が5件であったり10件であるなど少なすぎてしまえば稼ぐことはできないのです。

報酬額がトップクラスのアフィリエイターでは月に7000回以上クリックされています。

このことを考えると、最低でも2000以上のリストが必要となるので、稼ぎたいと考えているのであればリスト数を確保するだけではなくキープすることが大切なのです。

稼げない原因③:知名度がない

アフィリエイトでも知名度は重要です。

有名になることで高い影響力を確保できることに繋がるのですが、知名度を上げるためにも継続することが大切となるのです。

最初はサイトやブログを見る人も少なく、心が折れそうになる場合もありますが、長く続けていくことで露出が増えて知名度も上昇していきます。

そのためにも、毎日ブログを更新して商品を紹介し、メルマガを発行するなど継続することが重要なのです。

稼げない原因④:文章を書く能力不足

読者に興味を持ってもらうためには文章能力が必要になります。

ただ単に文字を書き連ねていくだけでは、淡々とした文章となり、読者もつまらなさを感じてしまいます。

なので、文章を書くスキルをアップするためにも、文章がうまい人のブログを積極的に見るようにして勉強をすることが重要となります。

接続詞の使い方や、興味を引くワードなど文章力のある人の文章を読むことで学ぶ機会も多いです。

そして、実際に自分でもブログを書いて実践することで文章の書き方を覚えていくことになります。

常に読み手のことを考えて文章を書いていくことが大切でしょう。

稼げない原因⑤:読者のことを考えていない

稼げない人の特徴として、読者のことを考えていないことが挙げられます。

文章が雑で読みにくかったり、情報量が少ないなど読者のことを全く考えていないブログでは、1度見ればもうアクセスをしない読者が多くなってしまうのです。

なので、挨拶だけではなくブログを読んでいる人にお礼をしたりするほか、商品やサービスについての良さを最大限伝えようとしている気持ちを文章にして表すことが大切となるでしょう。

また、ブログにコメントが残されていた場合には、しっかりと返信することも重要となります。

アフィリエイトを始めたにも関わらず、稼げないと嘆いている人は上記のような行動をしていませんか?

しっかりと見直してみることで自分の不足している部分が見つかり、改善させることができるでしょう。

2.記事の内容はどんなものがいいのか?

記事の内容

稼げない原因がわかったら、今度は記事の内容について確認してみましょう。

アクセス数を上げるためにも需要のある記事を書かなければいけません。

そのためにもどういった記事を書けば良いのか確認していきましょう。

オススメの記事内容はまとめ系記事

商品を紹介する際に、オススメなのは「まとめ系記事」です。
例えば、乾燥肌についての内容の記事を書く場合には、乾燥肌の原因を1つだけ書くのではなく、乾燥肌の5つの原因など全てまとめて紹介していきます。
こういったまとめ記事がなぜアフィリエイトに向いているのかその理由を解説します。

・ニーズのある記事

インターネットには様々な情報が溢れています。
そのため、様々な情報を集めるには時間も掛かってしまいます。
ですがまとめ記事であれば、問題に対する改善策などがまとめて載っているので、それだけで探す手間を省くことができるのです。

・記事にボリュームを出せる

記事にボリュームがあることで、そのサイトにいる時間を増やすことができます。
そうすることで検索エンジンで価値のあるサイトであると判断されて、検索した時に上位にサイトを表示させることができるのです。

検索キーワードを意識する

アクセス数を稼ぐためにも、どういったことに興味を持っているのか把握することが肝心です。
知りたい情報がある時にはインターネットで検索をする人も多いでしょう。
例えば、乾燥肌の人であれば「乾燥肌 対策」などと検索します。
なので、検索されやすいワードを意識して記事を書くことが重要となるのです。
また、文章だけではなくタイトルにキーワードを盛り込むことが重要になります。
なので、「乾燥肌 対策」のキーワードを入れたタイトルを考えるようにしましょう。
また、Googleが提供している無料のツール「キーワードプランナー」を利用することもオススメです。

3.広告の貼り方・選び方にも注目!

アフィリエイトで稼ぐためには、記事の内容の他にも広告の貼り方・選び方に注意が必要です。

訪問者に興味を持ってもらいやすくなる広告の貼り方、選び方を見ていきましょう。

まずは訪問者の立場・目的をチェック

まずは、どのような目的でサイトを利用する人が多いのかを考えてみましょう。

ダイエットに関する情報サイトの場合は、痩せたいと思っている人、ダイエットを始めようと思っている人、上手く痩せられずに悩んでいる人などが多いでしょう。

サイトを訪問する目的としては、「ダイエットに効果のある商品を探している」「ダイエットの注意点を知りたい」「効果のあるダイエットを知りたい」などが挙げられます。

訪問者の立場になって広告を貼る

注意が必要なのは、「ダイエット商品を買うためにサイトを訪問する人はいない」という点です。

ウェブサイトを見ているとき、広告に妨害されて記事がスムーズに読めなかったり、過剰な量の広告が貼られていたりすると、広告に興味を持つどころか記事を読むのすら嫌になってしまうものです。

見る人の立場に立って考えれば、適切な広告の位置や量が分かってくるでしょう。

テキストリンクにするのかバナーを使うのか、バナーを使う場合はその大きさや種類など、位置や内容によって一つひとつ考えていきましょう。

サイト内容に合った広告を選ぼう

広告に興味を持ってもらうためには、貼り方を工夫して目を惹くだけでなく、適切な内容の広告を選ぶことが必要になります。

いくら貼り方を工夫していても、内容が訪問者の興味を引けるものでなくては意味がありません。

まずは、サイトの内容に合った広告を選びましょう。

訪問者が興味を持っている分野の広告を選ぶことで、広告に興味を持ってもらえる可能性が高くなります。

先ほどのダイエット情報サイトの例なら、ダイエットサプリや美容器具などの広告がおすすめです。

健康的なダイエットを勧める記事では健康食品の広告、運動を勧める記事ではトレーニングジムの広告というように、ページごとに広告を変えるのも良いでしょう。

アクセス解析を使って、どのような検索ワードでページを閲覧した人が多いのかをチェックするのも広告選びの参考になります。

有名な広告で成功率アップ

また、一般的に有名な商品や知名度の高い企業の広告はアクセス率が高いと言われています。

あまり知られていないサービスや評価の低い商品の広告は、訪問者の興味を引き辛く、成約率を高めるのも難しいです。

ある程度人気のある広告を選ぶことも大切なのです。

アフィリエイトサイトを成功させるには、やはり訪問者に広告を見てもらうことが重要になります。

自分のサイトを客観的に見て、広告が邪魔でないか、広告の内容に興味を持てるかどうかを考えてみましょう。

訪問者の目的や気持ちを考えた上で、自分なりの工夫をすることが大切です。

4.絶対にやってはいけないこととは?

ng

ブログサービスやホームページ作成ソフトウェアの発展によって、多くの人が簡単にアフィリエイトサイトの運営ができるようになりました。

しかし、アフィリエイトサイトを巡るトラブルが起きることも少なくありません。

アフィリエイトサイトを運営する上で、「絶対にやってはいけないこと」がいくつかあります。

「知らないうちにルールを破っていた」というようなことがないように、アフィリエイトサイト運営に関する知識を付けておきましょう。

著作権に違反する行為

ネット上には様々な画像や文章が公開されています。

しかし、これらの制作物全てに著作権があるのです。

自分で画像を用意したり文章を書くのが難しいからといって、ネット上に公開されているものを無断で使用するのはルール違反です。

画像や文章の権利元によっては、大きな問題に発展してしまう可能性も十分にあります。

また、無料で使うことのできる「フリー素材」でも、
・利用報告が必要

・著作権のクレジットが必要

・商用利用不可

・画像加工不可

など、使用用途や方法によって様々な規約がある場合があります。

ネット上の制作物を使用する場合は、規約や著作権をしっかりと確認するようにしましょう。

不正な広告クリック・申込

自分で広告をクリック、架空の申込、返品前提の購入など、成果を水増しする行為も不正行為の1つです。

これらの行為は、サイト運営者と広告主の間の信頼関係を壊してしまうことになります。

アフィリエイトサイトを円滑に運営するため、このような不正行為は絶対に行ってはいけません。

過剰な誇大広告や根拠のない情報の表記

広告による成果を上げたいと思うあまり、商品を大げさにアピールしてしまうこともあるでしょう。

しかし、あまりに度を越した誇大表現は、詐欺行為と捉えられてしまう場合があります。

どの程度の表現が良いのかの線引きは確実なものがなく、判断が難しい部分ですが、サイトの内容を見た人に誤解を与えやすい表現でないかを考えてみましょう。

また、根拠もなく「業界No.1」「日本一売れている」などの表現を使うのもルール違反です。

確実な情報に基づいて表記するか、「管理人の一押し」「当サイトのおすすめ」などの表現を使うようにしましょう。

メールや掲示板を使ったスパム行為

商用利用が禁止されているWebサービスや、メールで無差別にアフィリエイト行為を行うことも禁止されています。

また、最近ではSNSの普及により、スパム行為をtwitterなどのSNS上で目にすることも増えてきましたが、これらも同じように不正行為となります。

これらのように、アフィリエイトをスパム行為に利用することには厳しい罰則が設けられているので、注意が必要です。

知らずに不正行為を行ってしまうケースとして代表的なものが、これらの4つです。

不正なアフィリエイト行為を働くと、アカウントの停止や提携の解除が行われる可能性があります。

また、内容によっては法的な措置がとられたり、裁判にまで発展する場合もあります。

アフィリエイトサイトの運営には、広告主や企業、消費者、ページの閲覧者など、多くの人が関わっています。

自分だけでなく、これらの人々のためにも、ネット上のマナーを守り、規約に則ったサイト運営を行わなければなりません。

アフィリエイトで稼ぐには少し時間が掛かってしまうかもしれませんが、丁寧なサイト作りとコンスタントに上質な記事をアッ

プしていくことで徐々に稼げるようになってくるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です